ニューヨーク インターナショナル オートショーは米国NYのジェイコブ K ジャヴィッツ コンベンションセンターで行われます。

会場はマンハッタンの34thストリートより上にありますが、西端の海岸沿いなので、ちょっと中心部からは外れています。すぐ前にサブウェイの駅があります。タイムズスクエアを通るので、ここで乗り換えすることが多くなりそうですね。公共の交通機関で行くには慣れてないとちょっと面倒くさい。

通りは碁盤目状で、aveアベニューが縦、stストリートが横の道路に番号が割り振ってあるだけなので、ほぼ迷わない。道を間違ってもすぐに気付きます。

とりあえずアメ車から、シボレー カマロ Z/28

エンジンは最高出力500hp以上、最大トルク500lb-ft以上

次はコルベット スティングレイ

6.2LのV8エンジンで、最高出力450hp、最大トルク610Nmの6速パドル式

やはり本国ということもあって、アメ車の存在感が大きいです

しかし、ドイツ車、日本車、韓国車も各メーカーが力をいれており、見劣りしません

街の風景でもトヨタ カムリ、日産 アルティマ、ホンダ レガシィなんかはよく見ます

スバルもアメリカではよく売れているようです

最近はヒュンダイは売れてないのでしょうか、一時的はよく聞きましたけど

BMW、ベンツあたりはアメリカでも相変わらず人気

フォルクスワーゲンは日本のような上級イメージは皆無で、あえて乗るクルマでもない存在です

大衆モデルは日米ブランドが強いですね

NYからLAまでセダンで旅行

スズキ HUTLERのカラーリングが好き

最近の自動車文化はニューヨークから

ニューヨークはデトロイトを超える存在感に

アメ車の燃費は良くなっているが魅力が減っている

自動車の祭典NYオートショー

デトロイトでの自動車文化は廃れたのか

NYオートショーでの見どころ

日産 X-TRAILで海にドライブ

アメリカではカムリとアコードのどちらが人気

ホンダ N-VANが面白い

ニューヨーク国際オートショーは4月開催

地味にスバルが米国でシェアを伸ばしている

ニューヨークで流行っている車種

GMはデザインコンセプトを発表

ホンダ FREEDは7人乗れる

マツダ ATENZAから乗り換えた

日産もNYタクシーに本格参入か

LEXUS CT200hはもう古い

ダイハツ TANTOが売れている

フォードは新開発の小型エンジンを発表

ニューヨークで多く見かける日本車

自動車の新デザインがNYで発表される

スバル IMPREZAの修理

キャデラックは今でも壊れやすいのか

ニューヨークの道路は広いので大型SUVも走りやすい

クライスラーは新たな環境技術を出展

マツダ AXELAでワインディング

NYではインフィニティやレクサス、アキュラも走っている

NY国際オートショーへの行き方

トヨタ カムリはニューヨークのタクシーで一定のシェアを

ニューヨークで高級車を乗るなら

SUBARU XVの走行テスト

マツダ CX-5が欲しい